スタンドpop作成時に是非サンプルを頼もう

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタンドpopを作成して商品やイベントを目立たせたい場合、どのようなポイントがあるでしょうか。
まずは大きさです。ほとんどのスタンドpopはA6の大きさからA3まで、縦型でも横型でも作成できるようになっています。商品によっては、小さいものをたくさん立てる方が目立つということもあります。大きいパネルを一つだけ作成することもあります。テーブルの大きさも考慮して、場所を取り過ぎないが目立つサイズはどれくらいか、検討する必要があります。自社の商品にとって、どの大きさがベストかよく考えます。
次にデザインです。商品の写真と特長が書かれたパネルが主ですが、文字をどれくらい利用するかによって、印象もずいぶん変わってきます。
パソコンの画面で確認するデザインと、実際にpopになったときのイメージは異なることがよくあります。
それで制作会社によっては、サンプルとして発注前にパネルを確認できるものがあります。

無料サンプルと有料サンプル

サンプルには無料と有料があります。ほとんどの場合、一種類、一回に限り無料サンプルを提供してくれるようになっています。
一度サンプルを手に取って、思っていたものと違うならデザインや色を変更していきます。その後変更したデザインでもう一度サンプルを見てみたい場合、有料で制作してくれるところが多いです。
作成するpopスタンドが多いなら、やはり無料でも、有料でもサンプルを見ておいたほうが安心だと思うことでしょう。うまく無料サンプルを活用して、発注前に確認すると安心です。

サンプルを確認したら

サンプルを確認したら、修正を加えた方が良い箇所が、よりはっきりわかるものです。デザイン段階では分からなかった誤字や脱字があるかもしれません。フォントもふさわしいかどうかチェックします。色のイメージも、実際のパネルにすると気づくこともあります。
パネルの色は、メインで使う色と補色で使う色を確認する必要があります。メインで使う色と補色は正反対の色です。目立つように配色するために、上手に色を使っていきます。背景色に補色を使ってしまうと、せっかくの色を消してしまうことがあります。背景の色は適切か、目立つpopになっているか確認できるのもサンプルの良いところです。
デザインに修正を加え、もう一度パソコンの画面で確認し、いよいよ発注です。パネルの納期は余裕を持って注文しましょう。

ピックアップ記事

スタンドpopのフリーカットとは

スタンドpopの中でも、ユニークで個性的なパネルを作りたいという時があります。スタンドpopは、A5からA3のサイズの中で、縦パネルや横パネルなどの種類があります。例えばビールのパネルなどでもっと迫力...

パネル型のスタンドpopとは

スタンドpopの中でも、パネル型のポップは厚みがあり丈夫で長持ちする、という特長があります。薄い紙型のパネルではなく、裏に補強用の発泡スチロールなどを使っているものが多いです。厚みがあるので立てやすく...

納期に注意!スタンドpopの発注

どの種類のスタンドpopを制作する際にも言えることですが、納期の確認も大切なポイントの一つです。お店で季節限定のセールや商品の販促を行うために、スタンドpopを作る、という経験があるかもしれません。例...

スタンドpop作成時に是非サンプルを頼もう

スタンドpopを作成して商品やイベントを目立たせたい場合、どのようなポイントがあるでしょうか。まずは大きさです。ほとんどのスタンドpopはA6の大きさからA3まで、縦型でも横型でも作成できるようになっ...


注意点