パネル型のスタンドpopとは

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタンドpopの中でも、パネル型のポップは厚みがあり丈夫で長持ちする、という特長があります。薄い紙型のパネルではなく、裏に補強用の発泡スチロールなどを使っているものが多いです。厚みがあるので立てやすく、大きめのパネルで利用されます。
お店の商品の中で、季節を問わず強調したい商品を目立たせたり、劣化しやすい場所でもある程度長持ちします。水を弾く素材でコーティング加工したり、ラミネート加工するなら、長期にわたって使用することができます。丈夫な素材で作成されることが多く、お店でしばらくpopとして活躍します。

パネル型のメリット

パネル型のpopは、商品の特長や使い方など、文字の多いスタンドを作れる、というメリットがあります。
長期的に使用するスタンドもあるので、何度もお店で見かけてなじみ深くなっていく、というメリットもあります。少し厚みがあるため、いつも日に当たる場所や環境のやや悪いところでも使うことが可能です。
ラミネート加工やコーティング加工ができるので、水に濡れてもにじまず、長持ちするパネルが作れるのもメリットです。紫外線にも強い加工が可能で、色落ちせずきれいな状態を保つことができるパネルといえるでしょう。

パネル型の利用方法

パネル型は、ある程度様々な情報を入れることができるpopです。テーブルに置いて使われるものも多いため、じっくりとお客さんが手に取って眺めることができる場所に設置すると効果があります。レストランのテーブルや、各商品の陳列棚の脇などに設置されることも多いです。
商品についての補足情報や、詳しい効用を説明することもできるので、人が立ち止まって読むことができるよう、店内でもややスペースがある所に設置すると、読みやすいでしょう。写真と文字なら、やや文字の方が多いパネルもあります。読みやすいように、配置、デザインを考えると効果的です。
このパネルの特性をしっかりいかすためにも、パネルのフォントに気をつかうことが大切です。
フォントには、主に明朝体、ゴシック体、ポップ体などがあります。それぞれに特長があり、ゴシック体は同じ太さの線で文字が書かれており、はっきりと見やすい文字になります。多少パネルが経年変化で汚れたり、色が薄くなっても認識されやすく、読みやすいフォントです。遠くからも識別されやすいので、目立つスタンドになります。フォントにも気を配りつつ、パネルを制作すると良いでしょう。

ピックアップ記事

スタンドpopのフリーカットとは

スタンドpopの中でも、ユニークで個性的なパネルを作りたいという時があります。スタンドpopは、A5からA3のサイズの中で、縦パネルや横パネルなどの種類があります。例えばビールのパネルなどでもっと迫力...

パネル型のスタンドpopとは

スタンドpopの中でも、パネル型のポップは厚みがあり丈夫で長持ちする、という特長があります。薄い紙型のパネルではなく、裏に補強用の発泡スチロールなどを使っているものが多いです。厚みがあるので立てやすく...

納期に注意!スタンドpopの発注

どの種類のスタンドpopを制作する際にも言えることですが、納期の確認も大切なポイントの一つです。お店で季節限定のセールや商品の販促を行うために、スタンドpopを作る、という経験があるかもしれません。例...

スタンドpop作成時に是非サンプルを頼もう

スタンドpopを作成して商品やイベントを目立たせたい場合、どのようなポイントがあるでしょうか。まずは大きさです。ほとんどのスタンドpopはA6の大きさからA3まで、縦型でも横型でも作成できるようになっ...


利点