スタンドpopのフリーカットとは

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタンドpopの中でも、ユニークで個性的なパネルを作りたいという時があります。スタンドpopは、A5からA3のサイズの中で、縦パネルや横パネルなどの種類があります。例えばビールのパネルなどでもっと迫力あるパネルを作る必要がある時、ビールの泡がコップからこぼれそうになっているところを目立たせることができる、フリーカット型のpopがオススメです。
フリーカットは、どんな形状でも自由にカットして制作できるパネルです。厚みもなく、場所を取らないのであらゆる場所に使うことができます。写真などを使ってアップにした商品自体をpopに使うことができ、飛び出しているかのような、立体感と迫力を同時に表現できるパネルです。

フリーカット型の使用ポイント

元々フリーカットのスタンドはそのカタチが一つひとつことなるため、パネル自体が目立っています。それでお店の正面入り口やレジ台など、みなが見れる目立つ場所におくと効果が出てきます。
お店の中で何がオススメなのか、すぐ分かるようなパネルを作ることが大切です。フリーカットのパネルは文字を少なく、商品自体のカタチや写真を使って目立たせているものが多いので、その商品を売っている棚の近くに、スタンドをいくつも設置するのも良いアイデアです。
吹き出しなどで文字を入れると目立つので、フリーカットの場合は吹き出しに文字を短く入れて、見た人がすぐに覚える程度の文字数を使うのが効果的です。
季節が他のパネルより出やすいのもフリーカットの特長です。それでその季節おススメの商品や期間限定のセール品などを強調する使い方もできます。

フリーカットの注意点

フリーカットのパネルはそれ自体にインパクトがあり目立つので、せっかくの特長をいかしたスタンドにすることが大切です。
始めに、カラーです。色がどのように配色されるかは、目立つスタンドによって重要な要素です。色は彩度の高い、くすみのないものを選びましょう。遠くからでも見えるようにはっきりした色を使うことが大切です。反対色と言われる補色をうまく使ってアクセントを作っていきます。
フリーカット型ですので、カットのカタチによってカドの部分が折れやすくなったり、壊れやすいものになることもあります。それで季節限定で目立たせたいもの、短い期間で販促したいものを選ぶことができます。カタチのバランスを考え、配置しやすいようなカットにするようにしましょう。

ピックアップ記事

スタンドpopのフリーカットとは

スタンドpopの中でも、ユニークで個性的なパネルを作りたいという時があります。スタンドpopは、A5からA3のサイズの中で、縦パネルや横パネルなどの種類があります。例えばビールのパネルなどでもっと迫力...

パネル型のスタンドpopとは

スタンドpopの中でも、パネル型のポップは厚みがあり丈夫で長持ちする、という特長があります。薄い紙型のパネルではなく、裏に補強用の発泡スチロールなどを使っているものが多いです。厚みがあるので立てやすく...

納期に注意!スタンドpopの発注

どの種類のスタンドpopを制作する際にも言えることですが、納期の確認も大切なポイントの一つです。お店で季節限定のセールや商品の販促を行うために、スタンドpopを作る、という経験があるかもしれません。例...

スタンドpop作成時に是非サンプルを頼もう

スタンドpopを作成して商品やイベントを目立たせたい場合、どのようなポイントがあるでしょうか。まずは大きさです。ほとんどのスタンドpopはA6の大きさからA3まで、縦型でも横型でも作成できるようになっ...


利点